ブログVol.95 ~ 本当は秘密にしたいおすすめスポット〔観光編〕 ~

秘密でも何でもないミャンマーでは有名な観光スポットではあるものの、なんせヤンゴン空港から遠いもので

日本人観光客で行ったことのあるという方も少ないのではないでしょうか?…というオススメな場所をご紹介します(‘ω’)ノ

それは、『バガン遺跡』‼ 3,000ほどのパゴダ(仏塔)や寺院が立ち並ぶ壮大なスケールの遺跡群です。

私もいつか行ける事を夢見ていました☆ ミャンマー5回目の渡航にて、ようやくチャンスが到来‼

スケジュール的には、かなりハードな行動計画となりましたが、なかば強引に決断٩( ”ω” )و

都市ヤンゴンから車で移動して、片道9時間ほどかかりました『バガン遺跡』(;´Д`)…(スコールや道を少し間違えたという事情もありますが。)

午前中に出発して、夕暮れ時の美しい夕日を眺めながら、遺跡群を鑑賞・・・というのが当初の目標でしたが、ざんねん。。。

到着したときは、既に真っ暗闇・・・。ホテルで一晩過ごし、翌朝早くから数か所、有名な遺跡(寺院)を見に行きました‼

バガン遺跡🏰

バガン遺跡は、カンボジアのアンコールワット、インドネシアのボロブドゥールと並ぶ「世界三大仏教遺跡」のひとつです🏰

2019年7月に世界遺産登録になりました‼すごい(‘Д’)

1⃣ダマヤンジー寺院 (Dhammayangyi Temple)

バガンの中でも最大規模の寺院で、1165年創設の歴史ある寺院で洞窟をモチーフとされています。

それでは、実際に前方の寺院まで大きなトンネルのような門を潜り抜け、歩いてみましょう(^-^)

はい‼寺院のなかに到着しました(^O^)/

通れる回廊もありますが、寺院の内部はレンガで覆い塞がれていたり、建設途中に王様が亡くなったことで未完成のまま工事が中止されたりと

色々と訳アリの寺院だそうです・・・。


2⃣アーナンダ寺院(Ananda Temple)

バガン遺跡にある寺院の中でも最も大きく(高さ50M)、外観が最も美しいと言われている寺院です🏰

1090年に建てられた歴史ある寺院で、作り(構造)としては、ダマヤンジー寺院と同じらしいのですが、「色」が異なります。

他の遺跡群は、茶色(レンガ色)が多い中、傍に近づけば近づくほど美しく映える「白」‼

寺院の中、回廊を歩くと古き壁画や光り輝く仏陀が奉られています。


平野部一帯に大小様々な仏塔や多くの寺院が建立されていることから、気球に乗って空の上から景観を楽しむという事も

以前は出来たようですが、現在は残念ながら気球は運用されていないようです。

朝の数時間では2~3か所の寺院を周ることで手一杯。いやー、渡航最終日という事もあり、時間が無さ過ぎてバタバタでした(;’∀’)

時間に余裕のある方は、2泊3日程度でバガン観光される事をオススメします(^^♪

また行きたい。バガン最高(*‘∀‘)

この記事を書いた人

有限会社スマイル