ブログVol.30 ~ ミャンマー語の声調〽 ~

ミャンマー語の発音には、音の高低パターンが3種類あります‼

同じ音に聞こえても言葉の意味は全く異なるため、発音(声調)の使い方、聞き方には注意が必要です。

3種類の声調

ミャンマー語の声調には、第1声調(高い音で短く声を止める)、第2声調(平坦で長く続く平声音)、第3声調(高いところから降りてなめらかな音)の3種類があります(^^♪

日本語ではこのような声調の使い分けは無いので、ミャンマー語を学ぶ上での「難しさ」と言えます( ;∀;)

ミャンマー文字の【က(カ)】を例にして見ていきましょう‼

က(発音:カ 意味:踊る)※第1声調

ကာ(発音:カー → 意味:防ぐ)※第2声調

ကား(発音:カー⤵ 意味:車)※第3声調

発音としては、同じ【က(カ)】の音です。

3種類の【カ】の音を声調を使い分けて話す事が出来ないと、聞き手は、全く違う意味として捉えてしまいます💦

逆に声調を聞き分ける事が出来なければ、相手の話が理解できなくなるという事ですね(;・∀・)


★実際に動画「ミャンマー語の母音と声調(C-ACTO)」で発音を聞いてみてください☟☟

この記事を書いた人

有限会社スマイル